2020年07月30日

江ノ電鵠沼駅から (15)パン屋さん

IMG_0824 (1)


国道467を藤沢方面に向かって歩いて行くと諏訪神社から数えて一つ目の信号を左に曲がり横断歩道を渡ると左角にOURSというパン屋さんがある。ここはアパートの一階でパン屋さんを営んでいる。その作業場が道路に面した交差点の角にあるため信号待ちをしながらパン屋さんの中の様子をガラス越しに作業を見ることができる。

作業場には2人いて一人が太ったおじさんともう一人が働いている。このパン屋さん、お世辞にもおしゃれとは言い難い。

しかしOURSの名前はとても気に入っている。英語ではwe>our>us である。OURSを訳すると我々のもの、私たちのもの、我々のという意味も訳せる。英語訳の方が庶民感覚で嬉しい言葉の響きである。

この店のOURSはフランス語ではクマと言うことを想像できる。道路に面したところに熊の絵とロゴが記してある 。OURSクマという事をはっきり示している。でも僕はTwo meaningsなのかも知れないと考えると楽しくなった。このOURS店に大きなフランスパンを買いに行こうと思う。そのときOURSの意味を聞こうと思う。

 

 




kugenuma100 at 11:37|PermalinkComments(0)

2020年07月29日

江ノ電鵠沼駅から (14)諏訪神社

諏訪神社

   

通りを右に曲がると諏訪神社があります。

藤沢方面に歩いて行くと石の車止めその先に諏訪神社の鳥居がある。その先には石敷き参道がある。
その先に神社がある。境内は厳かな微風を感じます。

3月からテレビではコロナウイルの事ばかり毎日報道している。煩くてうんざりしている。

コロナウイルス感染が全国的に蔓延している為なのか神社には人はいなかった。こんな時こそ神社に参拝したいものです。

この神社の歴史は古く今から1280年前、創建は養老7年(723年)信濃国諏諏訪大社を勧請されたとのことです。諏訪神社は生活の根源神(家内安全、厄除)、夫婦和合、良縁、必勝祈願 他農耕上の水の神、生活の根源神ということである。

僕が見た案内では諏訪神社が疫病に良いと言ということは書いていなかったが、神の前ではまず御手洗である。

神に祈りながら僕たち一人一人がもう一度考えるべきである。

新型コロナウイルスは人から人へと感染する病気です。僕たちの隣にいるのです。新型コロナウイルスを人にうつさない、うつされない、ということを考えるべきなのです。常に手洗い、咳エチケット、大声で話さない等、人に迷惑をかけない、三蜜にならない事が重要なのです。

そういえば随分前に諏訪神社におまえり来た時に雨に降られた事があった。神社の軒下で雨宿りをしていると神社の社務所から出てきた女性がビニールの傘を貸してくれた。返さなくてもいいですよと言ってくれたが今でも気になっている。何かお返しをしなくてはと思いつつ今日まで来てしまった。

また、神社に行こうと考えております。

 

 




kugenuma100 at 11:05|PermalinkComments(0)

2020年07月28日

江ノ電鵠沼から (13)BROOK

brook


来た道と反対側の道を進むと最初のT字路がある。左に曲がり進むと大通りに出ます。
大通りの手前に角にBROOK(小川)というおしゃれなパン屋があります。入口左側に樅木?が植樹されており地球環境にやさしい感じがする。
一度この
BROOK店にお邪魔をしてあんパンを購入した。なんと評価していいのか検討中である。今後またBROOK行って、おいしいパンを購入しようと思う。





kugenuma100 at 10:01|PermalinkComments(0)