カメラと旅行 湘南の思いで (1)カメラと旅行 湘南の思いで (3)

2020年07月09日

カメラと旅行 湘南の思いで (2)

カメラと旅行 湘南の思いで (2)

僕がカメラというと迷いも無くミノルタSRT
-101の存在だ。その頃、特に一眼レフに憧れて使っていた訳でもなかった。実は、最初に兄がこのカメラを貸してくれたのだが、いつの日にか自分のカメラのように使用している僕の姿を見て、兄は僕にこのカメラをプレゼントしてくれた。今考えてみれば、兄から奪い取ったようなものだった。兄にとっては思い切った決断だったと思う。それからの僕は何時も旅行にはこのミノルタSRT-101持って出掛けた。何時も身近にこのカメラの存在があったからだ。当時よりもう一本ロッコール135mmレンズを持っていたが、壊したくないからという理由で135mmレンズをアメリカには持っていかず、50mm標準だけ持って出掛けた。

 




kugenuma100 at 08:43│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
カメラと旅行 湘南の思いで (1)カメラと旅行 湘南の思いで (3)