カメラと旅行

2020年07月17日

カメラと旅行 湘南の思いで (10)

 
カメラと旅行 湘南の思いで (10)

誰かが「あれっ」と言ったが、その時、何故「あれっ」と友人が言ったのか意味が理解出来なかった。

それよりも念願の鎌倉八幡宮に行って参拝出来る事がとても嬉しかった。これでようやく何年越しかの鎌倉八幡宮に参拝できた訳だ。

あの日、鎌倉八幡宮様拝殿左側の大銀杏前で記念写真を撮影した。

あの頃の友人たちと再会して鎌倉散策したい。

あの時と同じように喫茶店でショートケーキと紅茶を飲みながら談笑したいものだ。

想像すると楽しさが沸いてきた。

今は、段葛の所で「あれっ」と言ったのが分かった。

二の鳥居の段葛の所では道幅が5mもあり三の鳥居所になると道幅が3mと狭くなっている。遠近法の作用により実際よりも道が長く見えるように工夫をしている。僕はこれを知ったのは随分後の事でした。

(注釈)

これは八幡宮側から始まる段葛の入口から二の鳥居方面を見たときに遠近法により道が長く見えるようにしたとのことです。

 あの頃の僕は何も知らなかった。

古都鎌倉の奥深さを見つけにコダクロームをカメラに装填して出かけたい。

 

上記は鎌倉カメラクラブの会報に載せたものですが一部加筆した。

 

 



kugenuma100 at 10:39|PermalinkComments(0)

2020年07月16日

カメラと旅行 湘南の思いで (9)

DSC09641

カメラと旅行 湘南の思いで (9)

初めて見る七里ガ浜を見ながら僕は何故か学校で歌った“七里ガ浜の磯づたえ”の歌が思い出した。江ノ電はやがて極楽寺のトンネルを抜け民家の軒下を掠めながら電車は鎌倉に到着した。

鎌倉江ノ電を降りJRの連絡通路を抜け改札抜けてまっすぐ進むと大通りにでる。左に曲がり二の鳥居のそばの狛犬が僕達に微笑んでいるように見えた。

段葛の桜季節が終わり新緑と青空が心を晴れやかにした。三人が横に並びで歩いて行くと、三の鳥居に近づく頃になるといつの間にか二人が歩くだけで狭く感じた。



kugenuma100 at 09:10|PermalinkComments(0)

2020年07月15日

カメラと旅行 湘南の思いで (8)

カメラと旅行 湘南の思いで (8)

茨城県に住んでいた頃、中学の修学旅行といえば、鎌倉から江ノ島を経て箱根に1泊というのが定番でした。

私は箱根で一泊した翌日、バスに揺られて寝不足のまま鎌倉八幡宮にやってきた。その日体調思わしくなく修学旅行での鎌倉八幡宮参拝は叶わなかった。

また、東京世田谷に住んでいた頃に友人と初めて小田急線に乗り藤沢、江ノ島、鎌倉散策に来た。世田谷のアパートからカメラ(SRT-101)を持って藤沢から江ノ電に乗り鎌倉に行く鎌倉散策だ。江ノ電藤沢を出発して腰越駅を過ぎ左カーブ過ぎると海岸と道路と電車が並行して走る。目の前の窓から外を見ると白波の中にサーファーが波と戯れていた。この光景を僕たち三人は、今まで雑談していたが、その時は三人でただじっと窓の外を見つめた。快晴と青い海がとても清々しく感じた。

 



kugenuma100 at 20:07|PermalinkComments(0)

2020年07月14日

カメラと旅行 湘南の思いで (7)

カメラと旅行 湘南の思いで (7)

 

 それから、学校を卒業して東京の会社から横須賀の汐入の小さな会社に勤務する事になった。

かつてより、何度か鎌倉に旅行者として来る度に鎌倉の地に憧れを抱いていた。
もちろん横須賀に勤務することを決めた時から住まいは鎌倉と心の中で決めていた。鎌倉の御成町に住むことになり平凡なサラリーマンをしていた。
 ある日ある時、鎌倉に住んでいるのだから鎌倉の写真を撮ろうとそんな気になり始めたころだった。好きな街に住み、好きな街角や街並みの写真を撮りたいと思った。自分の給料で、始めてカメラを購入することにした。もちろんミノルタのSRT
101を使用していたので、ミノルタに親近感を覚えていたのも理由で躊躇無くミノルタのX700を購入した

 





kugenuma100 at 08:51|PermalinkComments(0)

2020年07月13日

カメラと旅行 湘南の思いで (6)

カメラと旅行 湘南の思いで (6)

しかし、写真といえば、それ以降何の抵抗も無くコダクロームを使用した。その青年からスライド写真を楽しむことを教えられたからだ。その時まで、スライド写真は特別なものと考えていたのだ。自宅に帰りスライド映写機で投影して旅行時のスライド映写機を使い楽しめるという事を彼から教えられた。それ以前は、ネガフィイルムしか使用したことが無かったのに、ポジフィルム使用してもそれど大きな失敗は無くコダクロームを楽しめた。





kugenuma100 at 08:57|PermalinkComments(0)