(19)江ノ島水族館

2020年09月10日

小田急線片瀬江ノ島駅から (19)江ノ島水族館

小田急線片瀬江ノ島駅から (19)江ノ島水族館
IMG_1038


IMG_1035



小田急線片瀬江ノ島駅から (19)江ノ島水族館

片瀬江ノ島駅から徒歩で行ける新江ノ島水族館は2004年水族館を建て替えました。
1952年から湘南の地で水族館を開いております。

湘南では、新江ノ島水族館のことを”えのすい”と愛着を込めて呼んでおります。

新江ノ島水族館と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。殆ど方は、イルカショウではないでしょうか。しかし、今では相模湾大水槽やクラゲなども展示しております。
一日にたっぷり楽しめます。

さて、水族館の意義をと考えてみました。

子供たちに海との付き合い方を教えるときに何も教材なしでは教えにくいものです。水族館はとても有益な施設です。
水族館に海の勉強に行くというより、遊びながら少しずつ海の事を教える。海とは私たちにとってどんな存在なのか。海を知ることは、海は掛け替えのない存在ということに一人一人の子供たちが気付いてくれることに役立つと思います。魚を沢山食べることにもつながり、海の環境にも気を留めることでしょう。
スーパーで鮮魚売り場で魚の名前を言えるようになると良いですね。子供さんがスーパーの鮮魚売り場で魚の切り身をみて切り身のまま泳いでいると言うような思いを抱くことは無くなるでしょう。




kugenuma100 at 09:34|PermalinkComments(0)