(5)

2020年08月28日

小田急線勝片瀬江ノ島駅から (5)ホテル併設の蕎麦庵青

IMG_1179


鵠生園前を通り歩いて行くと左側に一風堂の看板が見える。



IMG_0887



つい2年前ぐらい前までKFCは鎌倉腰越の交差点の角に長くあった。私の記憶ではKFC40年近くここで営業していたと記憶している。藤沢江ノ島近くに来るとか必ずと言っていいぐらいKFCに寄ってクリスビー、チキン1ペース、コールスロー、コーラを買って食べた記憶がる。

しかし、ここ数年気になることがあった。ちょっとチキンの揚げ油が気に待った時があった。トランス脂肪酸を使っていることが気になって少し行くのを辞めていた。いつの間にか腰越交差点の角からKFCが撤退してしまった。

今でもケンタッキー・フライド・チキンの独特のフレイバーは気に入っているのだが、藤沢まで行かないと食べれないのは悲しい。鎌倉、藤沢海岸近くに店あれば行きたいのだが残念である。
時代の流れは速いもので腰越の角に立つのはホテルが建っている。新しくたった3階建てのホテルrが建っている。




IMG_0885

    鎌倉腰越角の一階に ホテル併設の蕎麦庵青とができた。ホテルと蕎麦庵は珍しい取り合わせでとても興味が沸いた。 打ち立ての蕎麦でも食べれるのでしょうか。また、露もこのお店でもオリジナル露を出してくれるのかとても楽しみです。腰越の交差点に面した所は海岸に開放感されたベランダで波の音を聞きながら蕎麦を食べられるのだろう。蕎麦には目がない私としては是非行って蕎麦を食べたい店だ。




kugenuma100 at 11:56|PermalinkComments(0)

2020年08月27日

小田急線片瀬江ノ島駅から (4)特別養護老人ホーム上村鵠生園

IMG_0954


 

特別養護老人ホーム上村鵠生園

 

江ノ島がよく見える立地に建つビルは、特別養護老人ホーム上村鵠生園である。今でこそ特別養護老人ホームは、そこかしこにあり特に珍しいことではない。しかし、上村鵠生園は昭和49年に社会福祉法人上村鵠生会の法人登記していることに驚かせられる。

昭和の時代は、介護は嫁の仕事だった親を看取るのも自宅であった。他人に親の介護を任せるという概念はなかった時代である。親の介護を他人に任せることは嫁失格とも捉えられて、他人の目を気にする世代はとても親の介護を他人に任せることに抵抗があった。

そんな時代にあって上村鵠生会は介護業界の数々の介護事業を展開しているパイオニアなのである。デイサービスも昭和
55デイサービス事業開始している。

    従来は、老人福祉法による福祉の措置として、やむを得ない事由による行政措置の範疇に留まっていた。一般の公的機関のみが介護サービスをしていたが、
平成12年(2000年)41日から施行された一般医療保険から独立した社会保険制度となって日本の介護保険制度が開始された。ここから一般法人にも介護保険解放され民間企業も介護事業にも参入が始まったのです。 これにより、社会的に共稼ぎ世代が増えが増え子や孫の介護負担の軽減と介護費用負担から解放された。
                           

鵠沼海岸で医院をしていた医師上村が介護事業を時代に先駆けてサービスを始めたのである。そして上村鵠生園は鵠沼海岸の駅近くから平成15年に新施設が完成して片瀬に移転してきたのです。






kugenuma100 at 15:43|PermalinkComments(0)

2020年08月11日

小田急線片瀬江ノ島駅 (5)

IMG_0868

片瀬江ノ島駅を降りて真正面に見えるのが丸く青い水槽が新しく設置された。古い駅舎にはなかった初めて登場した水槽である。観光客は電車を降りると真っ先に水槽に前に引き付けられるように沢山の人がむらがって楽しそうに見つめております。

新江ノ島水族館とのコラボレーションによって設置された水槽です。水槽はアクリル製で厚さ11cm 直軽2.5m円形 奥行72cm 水槽内の環境を維持するために水温調節機能やろ過機能、貯水槽も備える水槽です。





kugenuma100 at 10:06|PermalinkComments(0)

2020年07月20日

江ノ電鵠沼駅から (5) 浜野水産

浜の水産

浜野水産
ある日、浜野水産に行ったが生憎シャッターが閉まっていた。
活気のある写真を掲載したいのだが残念である。


この山本橋を渡り一つmrの路地を右に曲がると浜野水産がある。
漁に出て生シラスが獲れると浜野水産の店先に生シラスが並ぶ、シラス丼を食べたい向きには、この生シラスを購入すると良いでしょう。ちなみにスーパーで売っている「生シラス」は、ここから出荷されるのです。当然、生シラスも安く量も多いことは言うまでもありません。

 生シラス解禁は例年3月11日解禁日以降でないと生シラスは食べれまん。

この近くを散歩の際は「生シラス」だけではなく「しらす沖漬け」の購入をお勧めいたします。

しらす沖漬けは烏賊の塩辛に似た物で獲れたばかりの新鮮な生シラスを船上で「特製だれ」に漬け込んだものを「しらす沖漬け」といいます。これは雑菌が入らない内に船上で仕込むことで美味しく安全に召し上がれます。

そして、羽野水産のあるこの路地は趣のある家が立ち並びどこか昭和の雰囲気がある下町の路地という感じがします。私がとても好きな道です。






kugenuma100 at 10:40|PermalinkComments(0)

2020年07月12日

カメラと旅行 湘南の思いで (5)

カメラと旅行 湘南の思いで (5)

次に訪れたのは、ヨセミテ国立公園だが、ここでも沢山の写真を撮った記憶もない。ここどで、一人のアメリカ人青年に会いヨセミテ国立公園を案内してもらい、一枚岩のエルキャプテンを教えられた。雲に隠れるほどの高いエルキャプテンは印象に残っている。それは神々しいまでも頑強な岩を見て驚きを今でも覚えている。
その青年にコダクロームの利用を勧められた。その時のアメリカ人青年の写真もヨセミテ国立公園の写真も何故か撮らなかったは今考えてみれば不思議としか言い様がない





kugenuma100 at 13:57|PermalinkComments(0)